身体のサイズに合う車椅子を選ぶ重要性

車椅子を選ぶ際にデザインや機能に注目されがちですが、何より重要なのは車椅子を利用される方の身体のサイズと車椅子が適合するかという点です。

身体のサイズに合わない車椅子は乗り心地に不快感があるだけでなく、身体への負担や事故に繋がる可能性があります。
そのため、どんなにデザインや機能が気に入った車椅子だったとしても、その車椅子が利用される方の身体のサイズに合わなければ、選択肢から外すべきだと思います。

以下のサイズは、車椅子を選ぶうえでも乗り心地や安全性などの基本となるので、車椅子を選ばれる前に必ず測っておきましょう。

    <車椅子を利用される方の測っておきたい身体のサイズ>
  • おしりの幅
  • 膝下からかかとまでの長さ
  • 体重

では、それぞれの身体のサイズと、車椅子仕様一覧に記載されている各部寸法の説明と目安、そして採寸するべき理由などを解説します。

おしりの幅を測りましょう ~座面幅について~

【座面幅】とは、車椅子に座る際の座面の幅を指します。おしりの幅を測り、最適な座面幅の車椅子を選びましょう。

    <車椅子の座面幅の目安>
  • 車椅子利用者のおしりの幅に3~5cmを足した寸法
おしりの幅と車椅子座面幅の目安

座面幅の目安をおしりの幅より3~5cm足す理由は、介助式車椅子では移乗などの介助をする際に、乗っている方のおしりと側板(サイドボード)との空間に介助される方の両手を入れる必要があるためです。
介助者の両手がお尻と側板(サイドボード)の間に入る程度の余裕を持った座面幅の車椅子を選びましょう。

自走式車椅子の場合は、ハンドリムを回す際に座面幅が必要以上に広いと回しにくく、逆に狭いと側板(サイドボード)で足が圧迫されてしまいます。
このような状態を防ぐため、目安としておしりの幅より3~5cm程広い座面幅の車椅子を選びましょう。

一般的には40cmの座面幅の車椅子が主流ですが、ケアテックジャパンでは、自走式・介助式共に座面幅が46cmの大柄な方向けのワイド車椅子もありますので、ご確認ください。

膝下からかかとまでの長さを測りましょう ~前座高について~

【前座高】とは、床面から車椅子の座面の前端までの高さを指します。膝下からかかとまでの長さを測り、最適な前座高の車椅子を選びましょう。

前座高が高すぎる車椅子は座面の奥までを使って座れず、逆に前座高が低すぎる車椅子は立ち上がりにくくなります。
前座高の目安は、車椅子の使い方によっても適切な寸法が異なるので注意が必要です。「足こぎ」で使う場合は前座高の低めの物がよいでしょう。

    <通常使用の場合の前座高の目安>
  • 車椅子利用者の膝下からかかとまでの長さに5~8cmを足した寸法
    <自分の足を床につけ車椅子を動かす「足こぎ」使用の場合の前座高の目安>
  • 車椅子利用者の膝下からかかとまでの長さに0~2cmを足した寸法
車椅子の前座高目安の決め方1

車椅子用クッションを使用する場合は、上記の寸法から車椅子用クッションの厚みを差し引いてください。
通常使用の場合:膝下からかかとまでの長さ+5~8cm-車椅子用クッションの厚み
足こぎ使用の場合:膝下からかかとまでの長さ+0~2cm-車椅子用クッションの厚み

車椅子の前座高目安の決め方2

体重を測りましょう ~車椅子の耐荷重について~

【車椅子の耐荷重】とは、車椅子が何kgに耐えられるかを示した値を指します。耐荷重を超えて使用すると、車椅子の破損や故障の原因になり大変危険です。

一般的な車椅子の多くは耐荷重100kgとしているので、車椅子利用者の体重が100kg以下であれば問題ありませんが、持ち運びなどを重視した軽量なコンパクト車椅子の部類に入る製品の中には、車椅子の耐荷重設定が100kg以下の物がありますので、よく確認しておきましょう。

また、ケアテックジャパンの電動車椅子スマートムーブ(CE10-HSU)であれば、耐荷重設定が115kgとなっていますので、体重が100kgを超える方にもおすすめです。

使用する環境や身体的な条件を考慮し、利用者・介助者に合う機能を備えた車椅子を選びましょう

利用者の身体に合う車椅子のサイズの目安が把握できたら、使用状況や身体状態などを踏まえ、最適な車椅子をお選びください。
座面幅、前座高、耐荷重という車椅子仕様一覧に記載されている各部寸法は、どのようなタイプの車椅子を選ぶ時でも安全性や快適さに関連している寸法です。
利用者に合った適正な車椅子を選ぶために事前に身体のサイズを把握しておくことが大切であり、車椅子選びもスムーズに行えます。

ケアテックジャパン製車椅子の座面幅・前座高・耐荷重

ケアテックジャパン製車椅子の座面幅・前座高・耐荷重については下表の値となっています。

自走式車椅子の座面幅・前座高・耐荷重

車椅子仕様 自走式車椅子
スマホスワイプ表示
自走式車椅子
製品名
(型式)
ハピネス
(CA-10SU)
ハピネスプレミアム
(CA-32SU)
ハピネスライト
(CA-12SU)
ウィッシュ
(CS-10)
コンフォート
(CAH-50SU)
車椅子形状 自走式車椅子 ハピネス CA-10SU 自走式車椅子 ハピネスプレミアム CA-32SU 自走式車椅子 ハピネスライト CA-12SU 自走式車椅子 ウィッシュ CS-10 自走式車椅子 コンフォート CAH-50SU
座面幅
(サイドパイプ内寸)
43cm 40cm 40cm 43cm 43cm
前座高 47cm 47cm 47cm 46cm 47cm
車椅子耐荷重 100kg 100kg 100kg 100kg 100kg
製品ページへ >ハピネス
CA-10SUの詳細へ
>ハピネスプレミアム
CA-32SUの詳細へ
>ハピネスライト
CA-12SUの詳細へ
>ウィッシュ
CS-10の詳細へ
>コンフォート
CAH-50SUの詳細へ
車椅子仕様 自走式車椅子
スマホスワイプ表示
自走式車椅子
製品名
(型式)
コンフォートプレミアム
(CAH-52SU)
【生産終了】
ハピネスコンパクト
(CA-10SUC)
車椅子形状 自走式車椅子 コンフォートプレミアム CAH-52SU 自走式車椅子 ハピネスコンパクト CA-10SUC
座面幅
(サイドパイプ内寸)
42cm 40cm
前座高 45cm 43cm
車椅子耐荷重 100kg 100kg
製品ページへ >コンフォートプレミアム
CAH-52SUの詳細へ
>ハピネスコンパクト
CA-10SUCの詳細へ

介助式車椅子の座面幅・前座高・耐荷重

車椅子仕様 介助式車椅子
スマホスワイプ表示
介助式車椅子
製品名
(型式)
ハピネスコンパクト
(CA-13SU)
車椅子形状 介助式車椅子 ハピネスコンパクト CA-13SU
座面幅
(サイドパイプ内寸)
40cm
前座高 43cm
車椅子耐荷重 100kg
製品ページへ >ハピネスコンパクト
CA-13SUの詳細へ

コンパクト車椅子の座面幅・前座高・耐荷重

車椅子仕様 コンパクト車椅子
スマホスワイプ表示
コンパクト車椅子
製品名
(型式)
スマイル(自走型)
(CA-70SU)
スマイル(介助型)
(CA-80SU)
トラベル(介助型)
(CA-41SU)
車椅子形状 自走式車椅子 スマイル CA-70SU 介助式車椅子 スマイル CA-80SU 介助式車椅子 トラベル CA-41SU
座面幅
(サイドパイプ内寸)
40cm 40cm 34cm
前座高 45cm 45cm 44cm
車椅子耐荷重 100kg 100kg 75kg
製品ページへ >スマイル(自走型)
CA-70SUの詳細へ
>スマイル(介助型)
CA-80SUの詳細へ
>トラベル(介助型)
CA-41SUの詳細へ

ワイド車椅子の座面幅・前座高・耐荷重

車椅子仕様 ワイド車椅子
スマホスワイプ表示
ワイド車椅子
製品名
(型式)
ハピネスワイド(自走型)
(CA-15SU)
ハピネスワイド(介助型)
(CA-25SU)
車椅子形状 自走式ワイド車椅子 ハピネスワイド CA-15SU 介助式ワイド車椅子 ハピネスワイド CA-25SU
座面幅
(サイドパイプ内寸)
46cm 46cm
前座高 47cm 47cm
車椅子耐荷重 100kg 100kg
製品ページへ >ハピネスワイド(自走型)
CA-15SUCの詳細へ
>ハピネスワイド(介助型)
CA-25SUの詳細へ

電動車椅子の座面幅・前座高・耐荷重

車椅子仕様 電動車椅子
スマホスワイプ表示
電動車椅子
製品名
(型式)
スマートムーブ
(CE10-HSU)
車椅子形状 電動車椅子 スマートムーブ CE10-HSU
座面幅
(サイドパイプ内寸)
38cm
前座高 クッション有:52cm
クッション無:49cm
車椅子耐荷重 115kg
製品ページへ >スマートムーブ
CE10-HSUの詳細へ

車椅子を選ばれる前に確認して頂きたいこと

車椅子の選び方解説ページ一覧はこちら
ケアテックジャパンの車椅子診断

ケアテックジャパンの車椅子診断

はじめての車椅子を選ぶ時に気になるのは、「車椅子を利用される方の状況や環境と選んだ車椅子の機能や特徴などが一致するか?」という点もあるのではないでしょうか。こちらでは、質問に答えて頂きながら、利用される方のご希望に添えるケアテックジャパンおすすめの車椅子を紹介しています。
身体に合う安全な車椅子の選び方

身体に合う安全な車椅子の選び方

車椅子を選ぶ際に機能や見た目を重視されますが、何より一番重要なのは車椅子を利用される方の身体のサイズと車椅子が適合しているかという点です。体のサイズに合わない車椅子では、乗り心地が不快感があるだけでなく、身体への負担や事故に繋がる可能性があります。こちらでは身体のサイズに合った車椅子の選び方を解説しています。
車椅子の種類と特徴

車椅子の種類と特徴

車椅子と一言で言っても利用される方の状態や環境に合わせて色々な種類があり代表的な物では車椅子利用者が直接動かす自走式車椅子や介助者が動かす介助式車椅子など様々です。こちらでは代表的な車椅子の種類やそれぞれの車椅子が持つ特徴やメリットやデメリットなど車椅子を選ぶ際に確認して頂きたい内容を解説しています。