自走式車椅子について

自走式車椅子は車椅子を利用される方が後輪部にあるハンドリムと呼ばれる部位を握って回転させるなど、ご自身で動きをコントロールする車椅子で、車椅子バスケットや車椅子テニスなどのスポーツにも使われているのも自走式車椅子の部類に入ります。

自走式車椅子を動かす際にハンドリムでなく直接、後輪を握って車椅子を動かしたり、後輪が回転している最中にスポーク間に手を入れるとケガをするので充分に注意してください。

自走式車椅子の外形的な特徴としては、少しの力で効率良く車椅子が進むように後輪が大きくなっています。(20~25インチ程度)

自走式車椅子以外の車椅子解説はこちら