車椅子は利用される方や介助される方の快適さや用途に合わせて色々な機能があります。

車椅子の車種によって機能の違いがありますが、例えば車椅子からベットへの移乗を楽にする肘跳ね上げ機能や脚部スイングアウト機能など様々です。

こちらではケアテックジャパンの車椅子に備わっている代表的な機能について解説しています。

車椅子の脚部3段階調節機能について

<該当車椅子:スマイルシリーズ>

脚部3段階調節機能について

車椅子を利用される方が足を置くフットサポート(ステップ板)の角度を調整する機能であるのと同時に、脚部と本体が接触しないように固定する機能も兼ねています。

利用される方の膝下から足裏の長さなど足の状態に合わせて、3段階で調節することが可能です。


車椅子の肘跳ね上げ機能について

<該当車椅子:コンフォートシリーズ>

肘跳ね上げ機能について

通常、ベットから車椅子、車椅子からベットに移る際には、車椅子を利用される方は車椅子の正面から身体を90度回して移らなければなりません。

肘跳ね上げ機能は、車椅子をベットの水平位置に停車して、利用される方が肘を置く肘掛け(アームサポート)と側板(サイドボード)を跳ね上げることで、身体を90度回すことなく車椅子とベット間の移乗をスムーズに行うことができます。


車椅子の脚部スイングアウト機能について

<該当車椅子:コンフォートシリーズ>

脚部スイングアウト機能について

ベットへの移乗など車椅子から立ち上がる際に、車椅子を利用される方が足を置く脚部のフットサポート(ステップ板)に体重をかけると転倒などの原因となり危険です。

そのような事態を回避するために、車椅子の脚部を利用される方が立ち上がる時に足を着ける位置から外すのが脚部スイングアウト機能で、肘跳ね上げ機能と同様に車椅子からベットなどの移乗をされることが多い方に便利な機能です。


車椅子のステップ板の高さ調整機能について

<該当車椅子:スマイルシリーズ、コンフォートシリーズ、ウィッシュシリーズ>

ステップ板の高さ調整機能について

フレームに開いている穴を使い車椅子を利用される方の膝下から足裏の長さなど足の状態に合わせて高さを調節することが可能です。

車椅子の種類によっては、高さ調整に利用していないフレームの穴を取り外しができる付属のキャップで塞ぐことができます。


車椅子の着脱式転倒防止バーついて

<該当車椅子:コンフォートシリーズ、ハピネスプレミアムシリーズ>

着脱式転倒防止バーついて

着脱式転倒防止バーは車椅子下部の後方に取り付けて、後方転倒リスクを軽減するための機能です。

車椅子の後方転倒は、自走式車椅子では車椅子を利用される方が、急激に背もたれに体重をかけた時や介助式車椅子では介助される方が押手を下に向けて力を入れた時に発生することがあります。

しかし、転倒防止バーがあれば、それが支えとなりある程度の後方転倒を防ぐことができ、転倒防止バーの着脱は工具を使わずに簡単に行えます。


車椅子の介助ブレーキ連動機能について

<該当車椅子:ハピネスコンパクトシリーズ、スマイルシリーズ、トラベルシリーズ>

介助ブレーキの連動機能について

車椅子は後輪付近に駐車ブレーキがあり、これは車椅子を利用される方がコントロールするブレーキで、車椅子を完全に駐車状態にする駐車ロックがかけられます。

また、車椅子後方の押手部分にも介助される方が使う介助ブレーキバーがありますが、介助ブレーキバーと駐車ブレーキはワイヤーで繋がり連動しています。

そのためブレーキの利き方としては、介助ブレーキバーを握ると駐車ブレーキが利き、介助ブレーキバーの握りを外すと駐車ブレーキが解除されます。


車椅子の介助ブレーキ駐車ロック機能について

<該当車椅子:コンフォートシリーズ、ハピネスプレミアムシリーズ、ハピネスコンパクトシリーズ>

介助ブレーキ駐車ロック機能について

通常であれば介助される方が介助ブレーキバーを握っている間しかブレーキが利きません。

しかし、介助ブレーキを強く握り込むことでブレーキにロックをかける介助ブレーキ駐車ロック機能があれば手を離してもブレーキが利き続けます。

通常であれば介護される方は車椅子にロックをかける状況の度に、しゃがんだり中腰になって後輪付近の駐車ブレーキをかける必要があり、介助される方の腰にも負担がかかってしまいます。

しかし、押手にある介助ブレーキバーで駐車ロックをかけられれば、移乗時など少しの間、車椅子にロックをかける必要がある状況で、しゃがんだりする必要がなくなり、腰への負担が軽減されます。

しっかりと車椅子をロックする必要がある場合では、駐車ブレーキをご使用ください。


車椅子のW(ウォッシャブル)シート機能について

<該当車椅子:ハピネスシリーズ、コンフォートシリーズ>

Wシート機能について

車椅子によっては背シートや座シートが車椅子本体に固定されている車種がありますが、W(ウォッシャブル)シート機能とは、これらのシートを車椅子本体から外して洗える(Washable)ことにあります。

車椅子のシートが取り外し可能であれば、シートをもう1セット購入して車椅子に使っているシートと洗うシートで交互に利用したり、車椅子を購入時のシートと別色のシートを購入されれば、これまでと違った雰囲気の車椅子にできるなど予備としてもう1セットあると便利です。

また、車椅子は車種によって背もたれ高、座面幅や座面奥行などが異なる場合があるので、予備など交換用にシートを購入される際は、必ず現在ご利用になっている車椅子の専用のシートをお選びください。

ケアテックジャパンの車椅子の機能

ケアテックジャパン車椅子の機能解説ページ一覧はこちら
脚部3段階調節機能

脚部3段階調節機能

脚部3段階調節機能は車椅子を利用される方が足を置くフットサポート(ステップ板)の角度を調整する機能であるのと同時に、脚部と本体が接触しないように固定する機能も兼ねています。利用される方の膝下から足裏の長さなど足の状態に合わせて、3段階で調節することが可能です。
肘跳ね上げ機能

肘跳ね上げ機能

通常、ベットから車椅子、車椅子からベットに移る際には、車椅子を利用される方は車椅子の正面から身体を90度回して移らなければなりません。肘跳ね上げ機能を利用することで、車椅子をベットと置けば身体を90度回すことなく車椅子とベット間の移乗をスムーズに行うことができます。
脚部スイングアウト機能

脚部スイングアウト機能

ベットへの移乗など車椅子から立ち上がる際に、車椅子を利用される方が足を置く脚部のフットサポート(ステップ板)に体重をかけると転倒などの原因となり危険です。足を着ける位置から外すのが脚部スイングアウト機能で、肘跳ね上げ機能と同様に車椅子からの移乗が多い方に便利な機能です。
ステップ板の高さ調整機能

ステップ板の高さ調整機能

フレームに開いている穴を使い車椅子を利用される方の膝下から足裏の長さなど足の状態に合わせてステップ板の高さを調節することが可能です。車椅子の種類によっては高さ調整に利用していないフレームの穴を取り外しができる付属のキャップで塞ぐことができます。
着脱式転倒防止バー

着脱式転倒防止バー

着脱式転倒防止バーは車椅子下部の後方に取り付けて、後方転倒リスクを軽減するための機能です。車椅子の後方転倒は急激に背もたれに体重をかけた時や押手を下に向けて力を入れた時に発生することがあります。しかし、転倒防止バーがあれば後方転倒を防ぐことができます。
介助ブレーキの連動機能

介助ブレーキの連動機能

車椅子は後輪付近に停車させるときに使う駐車ブレーキがあり、これは車椅子を利用される方がコントロールするブレーキです。また車椅子後方の押手部分にも介助される方が車椅子をコントロールする介助ブレーキがあり、こちらからも駐車ブレーキを利かすことができ、介助ブレーキと駐車ブレーキの働きは連動しています。
介助ブレーキの駐車ロック機能

介助ブレーキの駐車ロック機能

介助ブレーキ駐車ロック機能とは、介助ブレーキを強く握り込むことでブレーキにロックをかける機能です。手を離してもブレーキが利き続けます。介護される方は車椅子をロックする度に中腰になる必要がなく、腰への負担が軽減されます。
Wシート機能について

Wシート機能

車椅子を使っていると座る場所の座面部や背中を預ける背もたれも部も汚れてきます。特に気温の高くなる夏はシートに汗が染み込むこともあると思います。車椅子のWシート機能があるとこれらのシートを車椅子から取り外して洗うことができたり、洗濯用の予備や気分を変えた色違いのシートに変えることができます。