駐車ブレーキの調整手順

<該当車椅子:ハピネス(ワイド・ライト・プレミアム)シリーズ、コンフォートシリーズ、ウィッシュ>

    <使用工具>
  • スパナ
1
車椅子の駐車ブレーキの調整位置
駐車ブレーキの調整は赤丸の所で調整します。
2
駐車ブレーキのボルトの位置
ボルトで固定している部分が二ヶ所あるので、それぞれゆるめるとブレーキの位置を調整できるようになります。
3
ボルトをゆるめる
内側に付いている二ヶ所のナットを、それぞれスパナでゆるめてください。
4
駐車ブレーキの調整
左右に動くようになり、ブレーキの調整ができます。

駐車ブレーキをかけたときに、タイヤに駐車ブレーキのタイヤ押さえが当たり、タイヤがしっかり止まる位置に調整します。
(タイヤと駐車ブレーキのタイヤ押さえのすき間幅の目安は10mm~17mm程度ですが、しっかりタイヤが止まる位置に調整してください。

5
駐車ブレーキの調整完了
位置が決まったら、しっかりナットを締め直して固定し、完了です。
ブレーキが正常に作動するかしっかり確認して、ご使用ください。
※調整、メンテナンス等に不安がある場合は専門家へご依頼ください。

駐車ブレーキの調整手順

<該当車椅子:スマイル、トラベル、ハピネスコンパクト>

    <使用工具>
  • ソケットレンチもしくはスパナ
1
車椅子の駐車ブレーキの調整位置
駐車ブレーキの調整は赤丸の所で調整します。
2
駐車ブレーキとタイヤの間隔調整
黒い丸で囲まれているナットをまわし矢印の方向に動かしゆるめます。
黄色の方向に回せばブレーキとタイヤの間隔が広がり、赤い方向に回すと狭くなります。
3
駐車ブレーキとタイヤの間隔が狭い
赤い方向にまわしたところです。狭くなっているのがわかります。
4
駐車ブレーキとタイヤの間隔が広い
黄色い方向にまわしたところです。広くなっているのがわかります。このみの幅に調節してください。
(※回しすぎることによりブレーキの効きが悪くなりますので回しすぎないようにしてください)
5
駐車ブレーキの調整完了
最後にゆるめたナットを矢印の方向にしめて完了です。

車椅子の各部調整方法

車椅子の各部調整方法ページ一覧はこちら
車椅子の部位名称

車椅子の各部名称

車椅子はシートやブレーキ、車輪など自転車と同じような色々な部位で構成されていますが、それぞれの部位にはご利用される方が安全で快適あるように考慮された役割があります。こちらでは車椅子を構成している各部名称やその役割について紹介しています。
車椅子の背折れ調整

背折れの出具合調整方法

背折れとは車椅子を利用される方が寄りかかる背シート(バックサポート)部分を車椅子を全体を折りたたむことにあわせて働く機能になります。こちらでは背折れの出具合を調整する方法を解説しています。
車椅子の駐車ブレーキ

駐車ブレーキの調整方法

駐車ブレーキは車椅子を傾斜のある所に止める時、利用者がベットからの移乗時など車椅子の安全面に大きく影響する機能です。そのため正しく調整しなければ駐車ブレーキが効かなくなるなど危険です。車椅子の駐車ブレーキの調整方法について解説しています。
車椅子のフットサポート

ステップ板(フットサポート)の固さ調整方法

ステップ板とは車椅子を利用される方が足を乗せるフットサポートとも呼ばれる部位です。ステップ板を動かすのは車椅子からの移乗時や車椅子を折りたたむ時などがあります。ここではステップ板(フットサポート)を動かす時の固さの調整方法について解説しています。
車椅子の介助式ブレーキ

介助式ブレーキの調整方法

介助ブレーキは車椅子を押して介助される方が握る押手に取り付けられている自転車のブレーキによく似た形状のブレーキです。こちらでは介助ブレーキの調整方法について解説しています。
電動車椅子ハピネスムーブの空気入れ

電動車椅子ハピネスムーブ(Sを含む)の空気の入れ方

電動車椅子のハピネスシリーズのタイヤの空気の入れ方などを解説しています。