車椅子の折りたたみ方手順

1
駐車ブレーキをかけフットサポートをあげる
平坦な場所で駐車ブレーキをかけ、フットサポートを上方へ跳ね上げ、足を地面につけます。
ご利用者は肘掛を持ちゆっくりと立ち上がります。お身体の状態によっては介助者が身体を支えながら降車します。
2
背折れ金具のレバーを後方に引く
①背折れ金具のレバーを後方へ引き、②手押しハンドル部分を手前に引いて、バックサポートを倒します。
3
バックサポートが倒れた車椅子
左右の手押しハンドル部分を折りたたみ、バックサポートが倒れた状態です。
4
車椅子シートの中央持ち上げ
シートの前方と後方の中央部を同時に持ち上げます。
車椅子が折りたたまれます。
5
折りたたまれた車椅子
フット・レッグサポートが折りたたみ可能な機種はさらにコンパクトになり、保管などの際に便利です。
注意
乗降時に車椅子フットサポートに乗らない
車椅子に乗り降りの際は決してフットサポートの上に足を乗せないでください。
また駐車ブレーキを解除したままの乗り降りは大変危険です。
注意
折りたたみ時に駐車ブレーキをかけない
(介助ブレーキ連動機能付き車椅子の場合)
駐車ブレーキをかけたまま折りたたまないでください。ブレーキワイヤーが外れることがあります。
下左画像:ブレーキがかかってない状態
下右画像:ブレーキがかかった状態
警告表示
  • シートパイプの横や下に手や指を入れないでください。
    パイプに手や指を挟んでケガをする恐れがあります。
  • 車椅子に乗り降りの際、絶対にフットサポートの上に乗らないでください。
    車椅子がバランスを崩し、転落事故の原因となります。
  • 手押しハンドルに重いものを掛けないでください。
    車椅子が不安定になり、転落事故の原因となります。
  • 折りたたむ際に、手押しハンドルを持って左右から押し縮めないでください。
  • 車椅子を折りたたむ際には、背ポケットの中に物が入っていないことを確認してください。
    背ポケットの中の物を破損したり、車椅子の故障の原因となります。

車椅子の使い方解説ページ一覧

車椅子の広げ方

車椅子の広げ方

間違った車椅子の広げ方を行うと広げる方が手や指を挟んでケガをするだけでなく、車椅子を利用される方の転倒・転落事故の原因になることもあります。こちらでは折りたたまれている車椅子を正しく安全に広げる方法を解説しています。
車椅子の折りたたみ方

車椅子の折りたたみ方

自動車などに車椅子を載せる時や長期間使わずに保管する時など車椅子を折りたたむことで収納スペースを縮めることができます。しかし、間違った折りたたみ方だと車椅子を壊してしまいかねません。こちらでは車椅子の正しい折りたたみ方を解説しています。
自走用車椅子の動かし方

自走用車椅子の動かし方

車椅子は大きく分けて介助者に押してもらうことで移動する介助式と利用者が自分で動かすことで移動する自走式の2種類に分けられます。こちらでは自走式車椅子の動かし方や利用者のケガや事故を防ぐための注意点などを解説しています。
駐車用ブレーキの使い方

駐車用ブレーキの使い方

車椅子の駐車用ブレーキは主に車椅子の乗降りや利用者の方がベッドへ移乗する時などに車椅子が動くことでの事故やケガを防ぐためにも必要なブレーキです。こちらでは車椅子の駐車用ブレーキのロック方法と解除方法を解説しています。
介助ブレーキの使い方

介助ブレーキの使い方

介助ブレーキは車椅子を押して介助される方が握る手押しハンドルに取り付けられている自転車のブレーキによく似た形状のブレーキですが、自転車のブレーキと同様に両側同時にかけることや急ブレーキを避けるなどの注意点があります。介助ブレーキの使い方を解説しています。
ハピネスコンパクト 脚部の取り付け方法

ハピネスコンパクト 脚部の取り付け方法

ハピネスコンパクトの脚部は本体から外すことのできる仕様です。収納などの際にコンパクトになり便利です。こちらでは脚部の取り付け方法をご説明します。
ハピネスコンパクト 足こぎでの使用方法

ハピネスコンパクト 足こぎでの使用方法

ハピネスコンパクトの脚部は本体から外すことができ、足こぎでの使用が可能です。こちらでは足こぎでの使用方法をご説明します。