電動車椅子ハピネスムーブ(Sを含む)の空気の入れ方

ケアテックジャパン

電動車椅子ハピネスムーブ(Sを含む)の空気の入れ方

Wheelchair maintenance

ハピネスムーブ(Sを含む)の空気の入れ方手順

順番 調整位置 調整方法
1 ハピネスムーブ(Sを含む)の空気を入れる位置 こちらから空気を入れます。
2 空気入れ場所のキャップ キャップをはずします。
3 空気入れの先端 こちらを使用します。
4 タイヤの空気注入口と空気入れ 奥まで差し込みます。(奥まで差し込むとシューという音が少なくなります)
5 空気入れのレバー 奥まで差し込んだらレバーを倒します。
6 タイヤの空気圧 メモリの「2.4もしくは240」付近まで空気を入れます。
7 空気入れ完了 空気が入ったらバルブを抜いてキャップをしたら終了です。

車椅子の各部調整方法

車椅子の部位名称

車椅子の各部名称

車椅子はシートやブレーキ、車輪など自転車と同じような色々な部位で構成されていますが、それぞれの部位にはご利用される方が安全で快適あるように考慮された役割があります。こちらでは車椅子を構成している各部名称やその役割について紹介しています。
車椅子の背折れ調整

背折れの出具合調整方法

背折れとは車椅子を利用される方が寄りかかる背シート(バックサポート)部分を車椅子を全体を折りたたむことにあわせて働く機能になります。こちらでは背折れの出具合を調整する方法を解説しています。
車椅子の駐車ブレーキ

駐車ブレーキの調整方法

駐車ブレーキは車椅子を傾斜のある所に止める時、利用者がベットからの移乗時など車椅子の安全面に大きく影響する機能です。そのため正しく調整しなければ駐車ブレーキが効かなくなるなど危険です。車椅子の駐車ブレーキの調整方法について解説しています。
車椅子のフットサポート

フットサポートの固さ調整方法

フットサポートとは車椅子を利用される方が足を乗せるステップ版とも呼ばれる部位です。フットサポートを動かすのは車椅子からの移乗時や車椅子を折りたたむ時などがあります。ここではフットサポートを動かす時の固さの調整方法について解説しています。
ケアテック式の車椅子ブレーキ

ケアテック式ブレーキの調整方法

ケアテック式ブレーキは後輪のそばで車椅子を利用される方がかけられるブレーキと、車椅子を押す介助者の手元にある介助ブレーキが連動していて、介助式車椅子と自走介助兼用車椅子に使われています。こちらではケアテック式ブレーキの調整方法について解説しています。
電動車椅子ハピネスムーブの空気入れ

電動車椅子ハピネスムーブ(Sを含む)の空気の入れ方

電動車椅子のハピネスシリーズのタイヤの空気の入れ方などを解説しています。